投資初心者のための「証拠金取引」講座

口座開設も手軽な証拠金取引

証拠金取引の始め方

実際に証拠金取引を始める方法は、意外と簡単です。
FXをするためには、まず取引会社にFX専用口座を作ることが必要です。
多くの場合、まず名前や住所などの必要事項を記入し、その後マイナンバーカードや免許証などの本人確認書類を提出します。
この必要事項の記入や本人確認書類の提出は、全てWebでできる会社も増えてきています。

記入した後審査があり、通れば取引を開始することができます。
口座の開設自体は基本的に無料で、早い会社では申し込みの翌日から取引を開始することができます。

FX取引会社は多くの種類があるので、口座開設の前に会社選びも重要です。
取引の際にかかる手数料や取引の最小金額、売り買いのシステムなどは会社によりバリエーションがあります。
初心者の場合は、取引金額が少なくても始められる会社を選ぶのが良いかもしれません。

始める前に、「デモトレード」で練習!

また、実際に取引を開始する前に、「デモトレード」で練習すると言う方法もあります。
デモトレードとは、実際のお金を使わない仮想的な取引をすることです。
現在、多くの取引会社でこのデモトレードをすることができます。

デモトレードはお金を損することはないので(もちろん得することもないですが)FXがどのようなものなのかと言うことをノーリスクで体感することができます。
また、実際に取引会社の提供している環境を使うことができるので、口座開設の際の会社選びにも利用することができます。

とはいえ、デモトレードでうまく行ったからといって実際の取引でも簡単に利益を上げられるかと言うと、なかなかそうはいかないことも多いでしょう。
デモトレードはお金を失うことはないため緊張感もあまりなく、気楽に取引ができますが、実際の取引ではそうはいきません。
デモトレードのみで自分の力を過信せず、取引は慎重に行うことが重要です。


この記事をシェアする